バニラエアの特徴について

大手会社に引けを取らない便数

徹底的に合理化したサービス大手会社に引けを取らない便数国内線は最安値で5千円以下!

バニラエアについては、東京成田空港を拠点として国内外に複数の路線を就航させています。
就航路線はどちらかというとリゾート路線、旅行で行くような路線が多く、ビジネス客が多いような路線は少なくなっています。
具体的には東京成田から札幌、沖縄、奄美、函館への路線を持っているほか、国際線としては台北、香港などへの路線があります。
運行本数も決して少なくありません。
例えば札幌便は1日に6便から7便、沖縄便も1日2便あります。
国際線でも、台北へは1日4便、香港へは1日2便と、大手航空会社と比べても決して引けを取るようなものではありません。
格安航空会社である以上、一番気になるのはその値段でしょうが、運賃については予め決められた定価というものが設定されているわけではありません。
実際の需要をにらみながら、当日までに満席近くなると予想されれば強気に高めの運賃設定を行い、逆に空席が目立つと判断されれば大胆に値下げをして需要を喚起するような柔軟な運賃設定が行われています。
ちなみにこれはバニラエアだけに特有のものではありません。
格安航空会社と呼ばれるような航空会社は基本的にすべてこのような柔軟な運賃設定を行っています。

スカイチケット