バニラエアの特徴について

国内線は最安値で5千円以下!

ということで、ここで挙げる運賃もあくまで一例でしかないのですが、例えば東京成田から札幌までであれば、2週間から3週間以上先の日程であれば片道1万円を切るのもごく当たり前です。
最安値を選べば5千円以下ということさえあります。
これはフルサービスキャリアと比較すれば2割から4割といったレベルの安さでしょう。

国際線についても状況は似たようなものというか、フルサービスキャリアとの比較で言えばさらに差が拡大するかもしれません。
例えば東京成田から台北までで見ると、片道1万円から1万5千円の間あたりが普通になっています。
最安値を選べば1万円を切り、それこそ国内旅行にさえ行けないような値段で海外旅行に行けてしまうくらいになっています。
これは、次の旅行ではバニラエアを選ぼうかというレベルのものではなくて、別に旅行に行くつもりはなかったけれども、ここまで安いのならバニラエアを使ってこの際旅行に行くかというように、新たな需要を掘り起こすことができるくらいのものといえるでしょう。

徹底的に合理化したサービス大手会社に引けを取らない便数国内線は最安値で5千円以下!